生理前ニキビの3つの原因(乾燥・女性ホルモン・ストレス)

生理前になると必ず悪化するニキビを対策する方法はあるのでしょうか?

生理前ニキビは原因を知り、そして原因にアプローチした正しい治し方を実践していく事で意外と簡単に抑えて予防出来るようになりますよ。(押さえどころは押さえることが大切です!

 

決して、

「生理前のニキビは体質が原因だから諦めるしかない」

なんていうことはありませんよ。当サイトでは生理前ニキビができる原因と対処方法について詳しく解説しています。

 

 

​では早速、生理前ニキビが発生する原因について見ていきましょう。

生理前に明らかにニキビが重症化してしまう場合、その原因として考えられるのは、

①お肌が乾燥していること

②女性ホルモンバランスの乱れが大きいこと

③ストレスによる男性ホルモン増加

この3点です。周期的な肌荒れは決まってこの3つの原因が絡んでくるんですね。早ければ高校生くらいの年齢から生理前のニキビに悩まされっぱなしという方もいると思いますが、生理前のニキビは原因を知り原因から的確に対策していくことでしっかりと症状を予防することが出来るようになります。

 

①乾燥

もしかしたら乾燥が生理前ニキビの原因になるというのはイメージしづらいかもしれませんね。

お肌が乾燥していると肌の角質が厚くなって新陳代謝が上手く行われなくなったり、肌を刺激から守り潤いを保持するバリア機能が損なわれてしまいます。

肌のターンオーバー(新陳代謝)がしっかりと行われなくなれば毛穴から老廃物をスムーズに排出できなくなり、生理前ニキビの原因である毛穴の皮脂詰まりを引き起こします。

そして、バリア機能が損なわれると外気や刺激にも弱くなって悪循環です。

生理前は肌の水分量が低下しやすいので、乾燥や敏感肌も悪化しやすく条件は最悪です。あっという間にニキビを作る原因となってしまう場合もあるのですね。

 

②女性ホルモンバランスの揺らぎ

その上で生理前周期を迎え女性ホルモンの一種であるプロゲステロン(黄体ホルモン)が優位になると、プロゲステロンは男性ホルモンのように皮脂分泌を引き起こす作用があるため乾燥によって本来の機能が損なわれた毛穴に皮脂が詰まってしまう可能性が高いんです。

プロゲステロンは生理の10~12日前に(排卵後から黄体期に向けて)増加していき、頬や顎、口の横などの皮膚が薄い場所を中心に皮脂詰まりを起こしニキビを発生させます。

これが、生理前の女性ホルモンバランスの乱れ、乾燥を原因として発生する大人ニキビのメカニズムです。

 

プロゲステロン自体は妊娠を促し妊娠に備えて栄養や水分を備蓄する重要な役割を担っているのですが、肌に関していえば悪影響を及ぼす場合がほとんどなんですね。

また、生理前には同じく女性ホルモンの一種で美肌ホルモンとも呼ばれる「エストロゲン」が減少するのも肌が荒れやすい原因の一つとなります。

 

とはいえ、生理前ニキビが悪化しやすい方は、ストレスや体質の影響で女性ホルモンバランスのゆらぎが大きい可能性があります。

 

生理前ニキビはあごや頬など乾燥の影響を強く受けやすいフェイスラインにできやすいです。重症化しやすくなかなか治りにくいと体感している人も多いと思いますが、乾燥と女性ホルモンバランスという原因から正しくアプローチする事でスムーズに対処していきましょう。

ここまでで、

 

  • 乾燥をケアしながら毛穴をキレイに保つ
  • 女性ホルモンバランスのゆらぎを整える

この2つが生理前ニキビ対策の基本となってくることが分かります。

特に生理前ニキビに特有な女性ホルモンバランスの乱れをどうやって和らげるかに治し方のポイントがあります。乾燥ケアと毛穴のケアだけでも生理前ニキビを抑えることは不可能ではありませんが、症状を繰り返してしまったり根本的な改善とはいかないんですね。

その際に忘れてはいけないもう一つの原因がストレスです。

 

③ストレス

ストレスには男性ホルモン分泌を促進する作用があり、ストレスによって男性ホルモンが増えたことで皮脂分泌が引き起こされて、ニキビの原因となる毛穴の皮脂詰まりを招いてしまいます。

さらにストレスによって女性ホルモンも正常なバランスから乱れやすくなり、生理前ニキビの隠れた大きな原因となっているのがストレスの怖さです。

仕事や家事・育児のストレスを抱えやすくなる20代-30代の女性が生理前のニキビに悩みやすいのもそのためです。美肌ホルモンのエストロゲンは40代50代の女性より多いのに、20代30代の女性の方が肌荒れが起きやすいのはストレスによってホルモンバランスを乱しやすいからと言えます。

 

 

ストレスとホルモンバランスの揺らぎ

という生理前ニキビの真の根本原因に働きかける方法で効果的に対策していくことを考えていきましょう。

 

ところが、ストレスやホルモンバランスからアプローチしたスキンケア化粧品ってなかなかありませんよね。

ニキビの根本原因はホルモンバランスの乱れなのに不思議です。(だから、なかなか治らない、、、)

 

生理前のニキビを対策して上では、乾燥ケアと毛穴ケアだけでは少し不十分だからこそストレスとホルモンバランスに目を向けたケアを取り入れることがポイントだったんですね。

 

これまで様々な化粧品を使ってきて上手くいかなかった方も多いと思いますが、大人の女性を悩ませる生理前ニキビを原因から対処出来るのはラミューテのような化粧品だけです。

 

これがラミューテ化粧品です。(今は他の化粧品に変えることは考えられない♪)

 

>>>生理前の周期ニキビにはラミューテ化粧品

 

 

モコモコの優しい泡洗顔はもちろん、

 

ナノヒアルロン酸・ナノコラーゲン・メバロノラクトン・3種セラミド・スクワラン・プラセンタなどの高級保湿成分を使った化粧水・美容液も浸透感が凄いです。

洗顔・化粧水・美容液の全部でダマスクローズウォーターの香りが癒してくれます♪

この香りが生理前ニキビの根本原因となる女性ホルモンの乱れやストレスにも効いてくるんです。

 

そして、

女性ホルモンを整えるためのセルフケアBOOKも!(ここに着目してくれてるのはラミューテだけ)

 

 

ダマスクローズエキスの効果でスキンケアをしながら女性ホルモンバランスを整えることが出来るのは大人ニキビ用化粧品の中ではラミューテ以外に私は知りません。

ラミューテは仕事や家事・育児でストレスを抱え込みがちな全ての女性の強力な味方になってくれると思います。

バラの香りは苦手!という方は少し使いにくいかもしれませんが、個別で担当がついてアドバイスもしてもらえる化粧品なんて何か贅沢♪

(もっと早く知っていれば良かった!)

 

 

 

生理前のニキビ対策方法を解説

誰しもが生理前になるとイライラを感じたりむくみになったり、汗をかきやすきなったり腰痛が出たり便秘気味になったり、頬やあごの肌荒れがひどくなったり、何かしらの不調(PMS)を感じることがあると思います。

生理前・月経前に多くのPMS(月経前症候群)の症状が出てしまいやすい人は、高温期の熱が体内にこもりやすい人と言われています。

そんな中でも自分でも思い悩むほど肌荒れが悪化してしまうという場合は、他の女性と比べても女性ホルモンバランスの乱れが大きい可能性があります。

生理前にぽつぽつニキビが重症化して、生理中も治ることなく生理後を迎え、次の生理周期までに治す事が出来なければ少しずつニキビが定着して凸凹肌にもなっていってしまいます。

 

しかも生理前にはメラニンの生成が活発となるため、肌のくすみが起きやすくなったり、メラニンが蓄積されてしまえば将来のシミの原因となる可能性もあります。

生理前のニキビが悪化しやすいということは、肌の状態が心配ですよね。ニキビが増えやすいだけではなくメラニンが蓄積されやすい肌状態である可能性も否定出来ません。

 

生理前に肌荒れが明らかに悪化する場合には、積極的に治療や対策を行っていく事で改善を目指しましょう

女性ホルモンバランスを整えつつ乾燥対策を行っていくことで原因から対策を行っていく方法が的確です。

 

(1.ストレス対策)

生理前に女性ホルモンバランスの乱れが大きくなる最大の原因は「ストレス」と言われています。

ストレスは男性ホルモン分泌を促しホルモンバランス全体を乱します。さらに睡眠の質にも悪影響を与えて女性ホルモン分泌にも良くありません。

 

最近、仕事や身近な人間関係で大きなストレスを抱えてしまっていませんか。

ストレスの発散と口で言うのは簡単でも実践に移すのって案外難しいですよね。特に生理前には先述のPMSの症状が出てしまうこともあり、積極的にストレス対策を行うことが難しくなるとどうしてもストレスを溜め込みがちになることもあることもあると思います。

 

それでも少しの時間でも良いので好きなことをする、リラックスする時間を意識的に取ることが大切ですよ。

ストレス対策としては運動が基本となります。ジョギングやウォーキング、ヨガ、ストレッチ、マッサージなどで体を動かすと代謝も良くなり、肌荒れの原因となる不要物の排出にも役立ちます。

 

PMSや時間の都合で運動が難しい場合には、アロマを焚いて香りの力を借りるだけでも気持ち的にだいぶ変わってきます。特にバラの香りには女性ホルモンバランスを整える効果があるため、生理前ニキビ対策としてはオススメですよ。

また、ラベンダーの香りも睡眠に良く、ストレスの改善にも効果的です。生理前だけはちょっと良い入浴剤を使って特別感を出すのも良いかもしれませんね。

 

(2.乾燥対策)

そして生理前のニキビのもう一つの原因である乾燥の対策です。

乾燥は保湿ケアで対策を取ることができるのでストレス発散と比べても簡単で非常にシンプルな対策方法です。

 

ただ、乾燥対策を見直す場合には洗顔料選びから見直した方が上手くいく事が多いです。なぜなら、乾燥を引き起こしているのは保湿ケアの力不足だけではなくて、洗顔料自体が刺激が強すぎるケースもあるからです。

保湿ケアにどれだけこだわっても洗顔料が大人の乾燥肌・敏感肌をさらに乾燥させるような化粧品では、生理前ニキビの改善は望めません。

 

乾燥が大きな原因となる生理前ニキビにあった洗顔料・保湿ケアを選んでいく必要があります。

 

  • 乾燥させない優しい使用感の洗顔料か
  • しっかり水分が浸透していると体感できる化粧水か

 

スキンケアはただのルーティン作業のように行っていくだけですが、その前にこの2つの前提をしっかりとクリアした化粧品を選択していきたいですね。

 

洗顔で刺激を感じていたり保湿でお肌に水分が浸透していくのを感じられず物足りない場合、もしかしたらドキっとしたかもしれません。

でもそれは、まだ最高の洗顔料・化粧水に出会えていないだけです。逆にいえば本当に良い化粧品を使っていくと想像以上にあっという間に生理前ニキビが落ち着いてくる可能性があるという事です。

 

本当に自分に合った化粧品というのは、使った瞬間に「あ!これ違う!」と感じるものですよ♪

乾燥させない優しい洗い心地の洗顔料は大人ニキビ用の洗顔料に多くあります。20代に入り大人になると誰でも肌の水分量が低下してきたり、皮脂分泌が落ち着いたりして肌が乾燥してきます。

そんな乾燥肌でも悪化させずにニキビケアを行っていけるのが大人ニキビ用の洗顔料で、生理前の乾燥を原因とするニキビ対策としてもピッタリとなります。大人になると頬やあご・口周りなどのフェイスラインにニキビが増えますが、生理前ニキビが大量発生しやすい場所と同じですよね。原因から見てもそれだけ関連性が高いんですね。

 

中でも、香りに女性ホルモンバランスを整える効果があるダマスクローズが配合されている、上質な生理前ニキビケアがこれです。

生理前ニキビの大きな原因である女性ホルモンバランスに働きかけることが出来るスキンケアはラミューテだけです。

>>>生理前のニキビに女性ホルモンバランスも整えるラミューテ化粧品

© 2017 生理前ニキビができやすい3つの原因と予防・対処法 rss