生理前ニキビはフェイスライン(頬・顎・口周り)に増えやすい

生理前ニキビはフェイスライン(頬・顎・口周り)に大量発生しやすい事で知られています。

大人になると増えるニキビの大半は顔の下半分のUゾーンに集中してしまうのですね。

 

「一体なぜ?」

と疑問に思う方もいると思います。大人になるとフェイスラインにニキビが増えやすいのは、頬・顎・口周りといった場所が皮脂腺が少なく乾燥の影響を受けやすいからです。

 

肌が乾燥すると新陳代謝が上手く行われなくなって、毛穴の中に古い角質汚れが溜まっていきアクネ菌の繁殖を招く原因となってしまうのですね。

大人になると学生時代とは比べものにならないくらい肌が乾燥してくると思いますが、元々乾燥しやすいフェイスライン周りが最初に影響を受けてしまうんです。

しかも、生理前にはホルモンバランスの変化で肌の水分量がさらに低下するため、生理周期に合わせてブワっとフェイスラインに吹き出物が増えてしまうワケなんです。

 

突き詰めて考えてしまえば、

・フェイスラインにニキビが増えるのは乾燥しやすくその影響を受けるから

・生理前にニキビが増えるのはホルモンバランスを乱して乾燥を悪化させるから

ということです。乾燥対策・ホルモンバランス対策が生理前のフェイスラインニキビを治す上で大切になってきそうです。詳しく見ていきましょう。

 

乾燥とホルモンバランスを対策しよう

頬・顎・口周りといったフェイスラインの生理前ニキビを改善するためには、乾燥をケアすることは絶対必要で、さらに出来れば女性ホルモンバランスも整えることが出来れば理想的です。

 

乾燥をケアするというのは、文字通り肌に潤いを与えて保つことだけを意味するワケではありません。生理前ニキビ対策の場合には「ニキビ対策」として、毛穴の皮脂汚れをしっかりと落とすことも当然ながら重要となってきます。

 

そこで問題となるのが「洗顔による肌の乾燥」です。

当たり前のように行っている洗顔ケアが肌の乾燥を悪化させてフェイスラインの生理前ニキビが治らない原因を作ってしまうこともあるからです。

 

今スキンケアをしっかりと続けているのに生理前ニキビが全然改善しないと困っている場合には、洗顔後に頬や顎などのフェイスラインが酷い乾燥感を感じていないか思い返してみてください。

ニキビ洗顔料はどうしても洗浄力が強力なため、生理前のデリケート肌に合った化粧品を見つけることが難しかったりします。

 

でも、他の洗顔料を使えば良いということでも無いのが難しいところです。ニキビの炎症を抑える「抗炎症作用」を持つ有効成分がしっかりと含まれている方が望ましいからです。

そう考えると「洗い上がりが優しくて肌を乾燥させないニキビ洗顔料」というのが乾燥ケアの大前提となってきます。

そんな調子が良い洗顔料があるのか?と思ってしまいますよね。でも、大人ニキビ用の洗顔料は不要な皮脂汚れだけを落とすことに優れているので、薬局で売っているような一般的なニキビケアよりは肌に合う可能性が大なんですよ。

 

その上で強力な保湿ケアで肌に水分をしっかりと与えて毛穴を引き締めてあげることで、生理前のニキビを予防することにもつながってきます。

そもそもニキビができにくいような肌を作っていくことが、生理前の周期的なニキビを抑える上でもとても大切になります。

 

そして、女性ホルモンバランスを整える方法と聞くと全くイメージがわかない人もいるかもしれません。

しかし、実は難しく考えなくてもバラの一種であるダマスクローズエキスには女性ホルモンバランスを整える効果があります。

このダマスクローズを活用することで、フェイスラインに増えやすい生理前のニキビをホルモンバランスからもアプローチすることが出来るようになるのですね。

生理前ニキビに悩んでいる人でも、知っている人は使っている、ダマスクローズエキス配合の大人ニキビケアも実はあるのですよ。

 

ただ肌質に合ったスキンケアを行うのではなく、女性ホルモンバランスにも効果的に働きかけることが出来る化粧品を使ってセルフケアを行うと生理前ニキビ対策がより充実したものとなりますよ。

© 2017 生理前ニキビができやすい3つの原因と予防・対処法 rss