生理前ニキビには化粧水を使った保湿が大事

生理前には女性ホルモンバランスの変化の影響で、”肌が乾燥しやすくなる上に皮脂分泌が多く”なります。

美肌ホルモンのエストロゲンが減少することで肌の水分量が低下する一方で、プロゲステロンが増加することで皮脂分泌が引き起こされます。

肌が乾燥すると角質層の新陳代謝が乱れて、角質層が柔軟性を失い毛穴が詰まりやすい状態になってしまいます。またバリア機能が低下して外部の刺激にも弱くなります。

そこに生理前の女性ホルモンバランスの変化の影響で皮脂分泌が増えることで、ニキビの原因となる毛穴の詰まりを引き起こしてしまいます。

 

生理前にはしっかりと化粧水を使った保湿ケアを徹底して、肌に潤いを保つことがニキビを予防する上で重要になってきます。

大人になると肌が乾燥しやすくなる上に、乾燥はシミ・シワといったエイジングや、かゆみ、メイクノリの悪さなど様々な症状の原因にもなります。それだけに化粧水選びや保湿ケアにはこだわっているという方も多いと思いますが、生理前のニキビ対策では具体的にどのような化粧水を選んで使っていくと良いのでしょうか。

 

生理前ニキビにおすすめの化粧水

生理前ニキビに良い化粧水を選ぶ上では、

  • 浸透感があって潤いを保つことが出来る

といった当たり前のことはもちろん、”生理前”にできる”ニキビ”なので、

  • ニキビに対して有効成分を持つこと
  • 生理前のホルモンの乱れに働きかけることが出来ること

といった要素も化粧水には必要になってきます。

 

化粧水の浸透感の感じ方には個人差がありますが、

  1. ラミューテ
  2. オルビスクリア
  3. 草花木果どくだみ

この3つの化粧水が生理前ニキビ対策としておすすめとなります。

 

中でも、ラミューテのエンリッチ化粧水は、

  • ナノヒアルロン酸
  • ナノコラーゲン
  • メバロノラクトン

といった高級保湿成分も含まれていて別格の浸透感を得ることが出来ます。ニキビに対する有効成分という意味では、ラミューテは洗顔料もセットで使わなければいけないのでその点はデメリットになるかもしれません。

でも、化粧品を変える時は洗顔から化粧水・美容液までのライン使いで変更するという方も多いと思うので、そのような場合にはあまり関係ありませんね。

逆に、オルビスクリアの薬用クリアローションや草花木果の整肌化粧水には、ニキビの炎症を抑える有効成分である”グリチルリチン酸じジカリウム”が配合されていますが、ラミューテほど高級な保湿成分は使用されていません。そのため、あまり他の化粧水と変わらない浸透感しか感じられない可能性はありません。

 

また、生理前のホルモンバランスに働きかけるという意味では、ラミューテに含まれているダマスクローズウォーター、草花木果に含まれている白檀・ゼラニウムの香料にはリラックス効果がありストレスを減らすことが出来るので良いです。

生理前ニキビの女性ホルモンバランスを整えることが出来るという意味ではダマスクローズの方がより効果的です。

 

  • 洗顔も含めて化粧水を見直すならラミューテ
  • 化粧水だけ見直す場合はオルビスクリアか草花木果

 

という選び方がおすすめです。まずは試しに使ってみて肌との相性や症状の変化を体感してみると良いと思います。生理周期に関わるニキビはストレスやホルモンバランスなど厄介な原因が関わっている場合がほとんどなので、積極的に行動することで初めてしっかりと対処して予防することが出来るようになると思いますよ。

© 2017 生理前ニキビができやすい3つの原因と予防・対処法 rss