生理前ニキビをメイクで隠したい!

生理前ニキビが悪化した時に、

「ファンデーションやコンシーラーを使って症状を隠してやり過ごしたい!」

と考えていませんか?

 

簡単に生理前ニキビが治らないと、どうしてもメイクで隠すその場しのぎだけで対処したくなりますが、これはニキビ肌が悪化してしまう悪循環の一つでもあります。

 

「生理前にニキビが大量発生する→毎日のスキンケアでなかなか改善してくれない→メイクで隠して何とかキレイに見せたい→メイクが負担になって生理前ニキビが悪化する原因を作る→もっとメイクが濃くなる」

キレイに見せたい相手がいたり自分の理想が高すぎると、どうしてもこんな負のスパイラルに陥ってしまいがちです。

生理前・生理中には肌の水分量が少なくなって乾燥が酷くなったり、メイク乗りも悪くなったりしてさらに最悪ですよね。

 

もちろん、ファンデーション自体は外気や紫外線から肌を守る効果があるし、下地の中には肌に美容成分を届けてくれるような化粧品もあります。しかし、ニキビ肌にはどうしても物理的な刺激自体が悪化の原因となってしまうことを忘れてはいけません。

とはいえ、現実的には毎日ノーメイクデーで過ごせるほど環境が整った人はあまりいないはずです。なるべく肌への刺激を避けつつカバー力もあって、あわよくば生理前ニキビを目立たなくさせるようなメイク用品選びを行っていきましょう。

 

生理前ニキビ中のメイク選び

ここからは生理前ニキビが重症化しやすい女性におすすめのメイク用品を具体的に紹介していきます。

生理前ニキビ肌にも使えるメイク用品は、言ってしまうならニキビ肌に使っても負担にならないメイク用品と同じです。

一番怖いのはメイクが肌への刺激になってニキビの炎症を悪化させたり、症状を繰り返す原因となってしまうことです。それを避けつつ、なるべくカバー力もあるメイク用品を使っていくことが第一です。その上で、ニキビ肌の改善も狙えるようなプラス要素が一つでもあれば最高ですね。

 

化粧下地

化粧下地として肌感覚としてベストかな?と感じるのはベビーパウダーです。油分が少なく肌への刺激を最小限に抑えることが出来る使っている人は使っている人気アイテムですよね。

ただ、ベビーパウダーって実際に使ってみると全然カバー力が無かったり、人によっては肌に全然合わなかったりすることもあります。

カバー力がないために厚塗りになってしまえば、刺激が少ない化粧品を使う意味も結局は半減してしまいますからね。

 

私が化粧下地として使ってみて良いなと感じたのがセシュレルというオールインワン美白クリームです。洗顔後の保湿ケアとしても使えるけど、化粧下地としても使える万能タイプのクリームです。

セラミドや油溶性甘草エキスといった美容成分も含まれていて、下地として使うには願ったり叶ったりのアイテムですよ。

植物由来のトラネキサム酸、アルピニアカツマダイ種子エキス、ユキノシタエキス、油溶性甘草エキス、ビサボロール、プルーン酵素分解物、タイムエキス-1、といった美肌成分も高濃度で含まれています。

 

ファンデーション

ファンデーション選びが一番難しく大事なポイントです。カバー力と刺激の少なさ(油分の少なさ)のバランスが難しいですよね。人によってノリも違うし試行錯誤が求められるところかもしれません。

下地と同じように理想論だけで言えばパウダーファンデが良いのですが、結局カバー力の問題が出てきてしまう人がほとんどです。かといってクリームタイプ・リキッドタイプは油分が強すぎてアクネ菌にエサを与えて生理前ニキビを悪化させてしまうことにもつながってしまいます。

 

そこで生理前ニキビ肌のファンデーションとして見つけた最適解が「ミネラルファンデーション」です。ミネラルファンデーションであれば、かなりのカバー力を維持したまま肌への刺激も少なくメイクを行っていくことが出来ると思います。

最近では私の中でニキビ肌にはミネラルファンデーション一択となっています。オンリーミネラルがおすすめです。

 

コンシーラー

コンシーラーに関しては一言。

「使わない」

これが私の答えです。コンシーラーで生理前ニキビを隠すということは、そのメイクの度に直接物理的な刺激を与えてしまうことを意味します。

それで少しは目立たなくなるかもしれませんが、結局ブツブツ感は残ってしまうし、ダメージを与えてしまうことと比べたら割に合わないと感じています。

コンシーラーを使っているせいで治らないというのは一番避けたいので、コンシーラーを使うくらいであれば基礎化粧品を使ったスキンケアに力を入れて生理前ニキビを全力で予防することに重点を置きます。

メイクで隠すことではなくて、生理前ニキビを落ち着かせていき治すことを終着点としなければいけないのは、どのメイク用品でも同じですもんね。

 

生理前ニキビをマスクで隠すのは?

最後にマスクで隠すのはOKか?についても解説しますね。

ノーメイクにする代わりにマスクを使ったり、メイクを薄くする代わりにマスクで顔を隠す人は多いと思います。

しかし、マスク自体もニキビ肌には基本的にはNGであるというのが体感です。マスクには保湿効果があるなんて意見や口コミもありますが、それは肌がキレイな人限定だと感じています。

顎や口周り・頬が生理前ニキビ肌の時には、かえってマスクの物理的な刺激や蒸れが症状を悪化させてしまう原因にもなると思います。

 

「ノーメイクの代わりにマスク>上で説明した刺激を避けたメイク>薄いメイクにマスク>ごりごりメイクにマスク」

という順番にベターかなと私は感じているので、マスクの使用を検討している方はよろしければ参考にしてくださいね。いつもマスクばかり着けている人というのも変な感じがするので、戦う女性は大変ですが、そのへんも仕事や生活環境に合わせて上手くイメージコントロールをしていきましょう!

© 2017 生理前ニキビができやすい3つの原因と予防・対処法 rss