産後に生理前ニキビができるように

産後に生理前ニキビが増える肌質になってしまう場合があります。

出産前までは大丈夫だったのに出産を契機として女性ホルモンバランスが乱れやすい体質になって、それが原因となって産後に生理前ニキビができるようになってしまうのですね。

 

今まで肌トラブルとは無縁だった人にとってはいきなりのニキビ発生で対処に困っているという事もあるかもしれません。

しかも、妊娠・出産という一大イベントを契機に増えるニキビは、早め早めに対処していかないと定着してしまう可能性も高く厄介です。

 

「育児に忙しくて自分の肌の心配をしているどころではない!」

自分を犠牲にして育児・家事に全力で取り組む内に美肌を失ってしまう女性もたくさんいますが、出来ればダメージ肌が定着する前に生理前ニキビの対策だけでも行っていきましょう

子供にとっても肌がキレイな母親が自慢になるというよりは、ニキビ肌の母親は・・・ということも万一あるかもしれませんもんね。産後の生理前ニキビの発生を対策する方法を詳しく見ていきましょう。

 

乱れた肌のバランスを取り戻す

産後に生理前ニキビができやすい体質・肌質になる・・・

そんな風に聞くと対策のしようがない生理現象のような感じもしますよね。

 

しかし決してそんな事はありません。確かに運もあるかもしれませんが出産後もキレイな人はキレイだし、早めに対策出来るかどうかが運命を大きく左右します

 

産後・生理前など女性のイベントで注意したいポイントは、

・乾燥

・女性ホルモンバランスの乱れ

の2点です。

 

一つめの乾燥は出産前から悩みの種だったという人も多いと思いますが、出産を契機にさらに水分バランスが乱れてニキビが増えやすい肌質になってしまう事もあります。

しかも生理前は美肌ホルモンのエストロゲンが減少して肌の水分量が減少しやすい時期にも当たります。このWパンチで産後の生理前ニキビが重症化してしまう事があるのですね。

 

洗顔で肌を乾燥させてしまえばニキビが悪化する原因にもなるし、産後の生理前ニキビが悪化するようになってしまった場合には基礎化粧品をライン使いで変更する必要が出てくることもあります。

今までのスキンケア化粧品で持ち直すことが出来そうかどうか、自分のフィーリングや結果を頼りに臨機応変に対応出来るかどうかは非常に大切となってきます。

 

そして次に女性ホルモンバランスの乱れですが、ホルモンバランスの乱れを少しでも抑えるために大切なのはストレス対策です。

生理前には男性ホルモンバランスに似た働きをするプロゲステロンが増えますが、ストレスは男性ホルモンを増やしてさらにホルモンバランスの乱れを悪化させます。

 

産後に美肌ホルモンであるエストロゲンが減少した上に、生理前にさらにエストロゲンが減少してプロゲステロンが増えて、おまけに育児のストレスで男性ホルモンが増えたらニキビが増えない方が不思議ですよね。

せめてもの対策は心身への負担を減らして産後にストレスを溜め込まないようにすることです。

 

ストレス対策は時間も取られて難しいゆえに、ストレスによる生理前ニキビの悪化に負けてしまう女性も多くいますが、アロマを焚いてストレッチを10分だけでも行う、リラックス効果のある入浴剤を使ってお風呂に入るなど、ついでに出来ることでストレス対策を十分に行うことはできます。

 

バラの香りには女性ホルモンバランスを整える効果がありますが、そんなバラのエキスを配合したラミューテ化粧品も産後の生理前ニキビ対策として非常におすすめです。

洗顔も優しい洗い上がりだし、高級な保湿成分にダマスクローズエキスの配合、、、まさに産後の生理前ニキビにぴったりの化粧品となっています。

肌の悩み・症状に合わせて個別サポートもしてもらえる化粧品なので、産後に吹き出物が増えるようになってどうしたら良いのかわからない!なんてときにも非常に頼りになる大人の女性のためのコスメですよ。

© 2017 生理前ニキビができやすい3つの原因と予防・対処法 rss