生理前ニキビに低用量ピル

「生理前ニキビが酷くて治る気配すらない」

「生理の周期もバラつきがあって体調が優れない時もある」

 

当ページでは、生理前の不調(PMS)の中でも特にニキビ肌荒れに悩む方のために向けて、1つの選択肢である低用量ピルに関する情報を載せています。

 

「生理前ニキビを治すために低用量ピルによる治療を検討している」

 

という方はぜひ参考にしていってください。

 

まず、最も気になるのは効果だと思いますが、生理前のニキビに低用量ピルは一定の効果が期待出来ます。

明らかに生理前の女性ホルモンバランスの乱れがひどい場合(ニキビ肌荒れが悪化するだけではなく、生理不順の症状が出てしまっている場合)には特に低用量ピルを使っていくことでホルモンバランスを整えることが出来るため、それに伴ってニキビの症状も落ち着いてくるでしょう。

 

低用量ピルを服用していく場合には必ず医師の指導の元で服用していくようにして、もし体調に異変を感じたり副作用が出た場合にはすぐに相談するようにしてくださいね。

自分で輸入品のピルなどをネットで買って、感覚だけで生理前ニキビの治療をピルで行う方法はおすすめできません。生理前のニキビなんかで産婦人科で診察を受けるのは恥ずかしい、、、と感じるかもしれませんが、全然恥ずかしがる必要なんてありませんよ。

肌荒れブツブツに限らず、PMS(生理前不調)はしっかりと対策していかなければならない現代病ですもんね。

低用量ピルの価格は?

気になる低用量ピルの価格ですが、初診で大体5000-7000円程度で、以後継続すると月あたりの費用は3000円程度となります。

デソゲストレルという種類のプロゲステロンを配合した”マーベロン”、レボノルゲストレルという種類のプロゲステロンを配合した”トリキュラー”の2種類のピルが生理前ニキビ治療としてはよく使われていると思います。

低用量ピルを使い続けることで必ず生理前ニキビが治るなら安い料金だと思いますが、仮に症状が良くなるとしても必ずしも良い事だらけではありません。

最後に、低用量ピルの副作用についても確認しておきましょう。

 

低用量ピルのデメリット(副作用など)

低用量ピルは女性ホルモンバランスを整えるための魔法の薬ではないため、ニキビ治療として使っていくとしてもいくつかのデメリットはあります。

 

例えば2-3ヶ月は継続して使っていかないと効果が出ないのも短期間での成果を期待している人にとってはデメリットとなりますよね。

ピルに高いお金を払って服用を始めたとしても2-3ヶ月間は今のままだとなった時に気持ち的に耐えられるかは人それぞれだと思います。来週の○○イベントまでに!と決意している場合には奇跡でも起きない限りピルだけではさすがに厳しいかもしれません。

 

次に運が悪いと副作用が出る可能性がある点も忘れるわけにはいきません。

低用量ピルであれば医師の指導の元で使っていけばよほど大丈夫だと言われていますが、それでも運が悪いと生理不順が悪化したり吐き気や不正出血が起きるなんて口コミも存在します。

女性ホルモンに作用するのでこういった副作用が運悪く出てしまうのは仕方ないかもしれませんが、怖いといえば怖いですよね。

特にうつっぽくなるという心理面への影響は生活にどんな変化をもたらすのか想像出来ないので一層心配です。

 

続けないと生理前ニキビの改善効果が望めないのに途中で副作用が出て使用をやめないといけなくなるというパターンは最悪ですよね。

そう考えると一つの方法として生理前ニキビの対策として低用量ピルを検討するのはアリかもしれませんが、毎日のスキンケアとストレス対策で、ニキビを抑えてホルモンバランスを整えていったほうが堅実ですよね。

同じように時間がかかるのであれば他の内服薬、例えば漢方薬を使って体質改善を狙う方が安心だと感じる方も多いかもしれませんね。

© 2017 生理前ニキビができやすい3つの原因と予防・対処法 rss